電話 06-6971-4600

〒537-0023
大阪府大阪市東成区玉津1-2-6

一般歯科 小児歯科 予防歯科 矯正歯科 ホワイトニング インプラント

ネット予約
治療費一覧 駐車場のご案内
Mobile Site

上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

予防歯科

歯が痛くなってから痛い思いをして治療すると、ますます歯医者嫌いが進みます。状態が悪くなる前にできる処置は必ずあります。
当院では、しっかりとした予防治療をおこなうことでいつまでも健康な歯を保てることから、予防治療に勝るものはないと考えいています。『むし歯になりたくない』と、そう願う方のお手伝いを積極的にいたします。

治療した歯が長持ちして、なるべく被せかえや詰め替えをしなくてすむように、毎日のお手入れも十分に気をつけて、ていねいにブラッシングしましょう。
さらに定期的に検診を受けて早期発見、早期治療に心掛けましょう。

成人のための予防歯科

*対象年齢は満16歳以上

一年に数回の来院により虫歯や歯周病にならないことを目的に行います。

診察の流れ

1)診査(歯・歯ぐきなど)

虫歯や歯周病に関する診査を行います。

2)歯の汚れ(プラーク)のチェック

虫歯や歯周病の原因となる歯の汚れ(プラーク)が歯のどの部分にどのように付着しているのかを調べます。
又、位相差顕微鏡を用いてお口の中の細菌を見て頂くこともできます。

3)診査結果のご説明

診査結果に基づき、虫歯があるかどうかや歯ぐきの状態などについてご説明いたします。
又、唾液細菌検査で虫歯菌や歯周病菌の比率を調べることもできます。

歯の健康検査報告書
歯の健康検査報告書
う蝕検査報告書
う蝕検査報告書
4)患者様ご自身によるケアのための指導

歯磨き指導を行います。フッ素入り歯磨剤の使用や歯ブラシによる磨き残し部分の清掃方法、特に歯と歯の間の清掃についてはデンタルフロスや歯間ブラシなど専用の器具を用いた清掃方法を指導します。

5)歯科衛生士によるケア

専門の器具を用いて、歯の汚れ(プラーク)や歯石をきれいに取り除きます。

6)リコール

リコール間隔は、診査結果や指導内容、セルフケアなどの状況に応じて決定いたします。

子供のための予防歯科

*対象年齢は満16歳未満

一年に数回の来院により、虫歯を未然に防ぎ、健康で丈夫な歯をつくり、将来にわたる健康のための口腔衛生習慣を身につけていただきます。

診療の流れ

1)診査(歯・歯ぐきなど)

虫歯や歯肉炎に関する診査を行います。

2)カリオスタット(虫歯予測試験法)

カリオスタット検査は、虫歯のなりやすさを予測する検査です。お口の中の歯の表面の汚れを綿棒でとり、48時間後に結果がでます。

3)歯の汚れ(プラーク)のチェック

虫歯や歯肉炎の原因となる歯の汚れ(プラーク)が歯のどの部分にどのように付着しているのかを調べます。染色液を用いて、磨き残しの場所を調べて、ブラッシングを指導します。歯と歯の間には「フロスちゃん」を指導します。
又、位相差顕微鏡を用いてお口の中の細菌を見て頂くこともできます。

4)診査結果のご説明

診査結果に基づき、虫歯があるかどうかや歯ぐきの状態などについてご説明いたします。
又、唾液細菌検査で虫歯菌や歯周病菌の比率を調べることもできます。

カリオスタットと虫歯

虫歯予防が叫ばれている今日、”虫歯のない子”はお母さま方の願いだと思います。虫歯が新しくできる可能性があるかどうか、小さい虫歯が大きくなる可能性があるかどうかを早期に予測することができれば、それだけお子さんに対する虫歯予防が効果的に行えます。カリオスタット(虫歯予測試験法)はそのような虫歯についての予測テストを行うもので、色の変化によって容易に判定できます。

カリオスタットとムシ歯

虫歯は図に示すように、1.歯(質)と2.虫歯原因菌と3.飲食物に含まれる砂糖分が一緒になったとき、菌がネバネバしたもの(歯垢)を作り、歯の表面に住みつきます。そして酸を作り、それによって虫歯になります。
カリオスタットは、この歯垢や酸のでき具合をみるもので、酸などが多いほど液の色が青→緑→黄緑→黄となり、虫歯に対する危険信号を示します。また歯垢ができやすい人の場合は液が濁ってきます。ですから個人個人の色の変わり方に応じて、虫歯の予防対策を立てていただければいいと思います。

虫歯で泣かなくてもいいように、今日からでも
虫歯追放を心がけて下さい!!

唾液検査で虫歯菌や歯周病菌の比率を調べることもできます

5)患者様ご自身によるケアのための指導

年齢に応じて子供自身だけでなく保護者にも指導を行います。歯みがきに関することの他,必要に応じて家庭での「フッ素入り歯磨剤」や「フッ素洗口」の使用方法などについて説明・指導を行います。

6)歯科衛生士によるケア

歯質を丈夫にするフッ素の活用として「フッ化物を歯面へ塗布」します。また、必要に応じて虫歯になりやすい歯の溝へ「シーラント」を埋める、軽度の虫歯ならば進行を止めるために、また虫歯になりやすい部位に予防的に「サホライド」や「フルオールゼリー」を歯に塗布したりします。

7)リコール

リコール間隔は、診査結果や指導内容、セルフケアなどの状況に応じて決定いたします。

治療費に関して、詳しくはお電話(06-6971-4600)または、
お問い合わせにてお気軽にお問い合わせ下さい。

治療費はこちら
ページトップへ